占い師の募集を探すうえでチェックしたい項目

電話占い師の求人は多く存在します。どんな項目をチェックして応募しなければいけないのでしょうか? - 占い師の業界は入ってからも熾烈な競争が待っている

占い師の業界は入ってからも熾烈な競争が待っている

占い師としてこれから働きたいと思って募集要項を読み、応募をしたとしても実際はすぐになれるものではありません。その理由は諦めてしまう人も多いからです。応募して働けたとしてもすぐに挫折してしまう人も多いのです。その理由はなんなのでしょうか。

占い師は1日にどれだけ採用されているのか

占い師は1日にどれだけの人数が採用されていると思いますか?1日あたり実は3人から多いところでは5人以上も採用されていることもあるといいます。大量採用とも言えるわけですが、毎週毎日どんどん新しい占い師が採用されているので実際入ってみると大変であるということもあります。待遇がよくて働きやすい場所であればそのペースで増えると考えると、あっという間にすごい人数になってしまうと思うのですが、実は占い師の数はいつも一定でそれほど変わらないのです。増えている反面減っているからなのです。

なぜ入っても減ってしまうのか

占い師を始めたのに辞める人もいるのか、その理由は人によっても様々なのですが、リピーターや固定客が付いてくれない人は、新しい占い師とお客さんを取り合うことになるのです。お客さんの取り合いほど大変なことはありません。自分はコンスタントに働きたいと思っていても、お客さんと取り合いをすることになってしまえばそれは大変ですね。入ってみればわかるのですが、占い師の業界は草食系の人では務まらないでしょう。肉食系で人のお客さんでも奪ってやるぞという意気込みがあるハングリー精神が旺盛な人でなければなかなか難しいでしょう。自分はかなりハングリー精神があるので頑張れると自信がある人にとっては、この逆境のなかでも頑張っていけるかもしれないのですが、そうではない人にとってはなかなか厳しい現状がそこには待ち構えているといっても過言ではありません。実際の占い師業界は入る人の数も桁違いですが辞める人も多いという現状をよく理解した上で、応募するかどうかを検討するといいでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

アーカイブ