占い師の募集を探すうえでチェックしたい項目

電話占い師の求人は多く存在します。どんな項目をチェックして応募しなければいけないのでしょうか? - 占い師として応募前にペナルティーやノルマのチェック

占い師として応募前にペナルティーやノルマのチェック

占い師としてこれから応募しようと検討している募集案件を見る際にはノルマについて記載がないかチェックしておきたいですね。ノルマは必ずあるところもあれば、ないところもありますが、無い方が安心して仕事をすることができるでしょう。

無理なノルマ、罰金やペナルティを言ってくるところもある

場所によってこれは違いがあるので一概には言えないのですが、場所によっては無理なノルマや罰金、ペナルティなどを伝えてくるところもあるといいます。働いているのにも関わらずペナルティを払わなければいけないというのは本末転倒ですよね。ノルマというのは、1日にどれくらい一人のお客さんと話をしなければいけないのかといったノルマのことです。ノルマを達成するためにわざとアドバイスをゆっくり話したり遠まわしに話したりして引き伸ばすこともあります。そんな悪質な手口を使って悩んでいる人の悩みを聞いたり相談に乗ったりするというのは相当悪質なサイトと言えるでしょう。

契約をする際にすみずみまで見ること

契約書にもともとノルマがあることを記載していることもあれば、記載がないこともあります。記載がない場合は問題ですが、ノルマの記載があるけれどわかりにくい記載方法で、わからないようにしている、見えにくくしているような会社もあります。ペナルティが発生することに対しても説明を一切受けず、その場になってから伝えてくることもありますので注意が必要です。

どのようなシーンでペナルティが発生するのか

例えばですが、どのようなシーンでペナルティが発生するのかといえば、たとえば、相談している電話を取りこぼした場合や、やむ得ない事情がありシフトに入れなかったとき、ノルマが達成できなかったとき等はノルマを課しているところが多いです。しかし本来仕事に対してのノルマやペナルティはあってはならないものですので、そのような占い会社は選ばないようにしましょう。

関連する記事

アーカイブ