占い師の募集を探すうえでチェックしたい項目

電話占い師の求人は多く存在します。どんな項目をチェックして応募しなければいけないのでしょうか? - 占い師のお給料は大半が完全出来高制です

占い師のお給料は大半が完全出来高制です

占い師になりたくて応募したいと検討している人はきっと、募集要項を見ていると思います。その際一番チェックするところといえばお給料ではないでしょうか。占い師や電話占いの仕事は、募集要項を見ればわかりますが大半が出来高制です。

占い師の仕事の大半は出来高制の仕事なので

出来高制の仕事といえば、あまり身近にはないかと思います。たとえば営業職でも基本料金があって、その上でノルマがあることはあったとしても、最初から全てが出来高制ということは少ないでしょう。しかし占い師の仕事は大半が出来高制です。出来高制ということは電話占いの場合には相手からの電話に受けてこそお金が発生するのです。もしその日に待機していたのにも関わらず全く電話がかかってこなかったとしてもそれは、お給料に全くなりません。長時間待機時間があったとしてもお金にならないのです。電話占いの場合なら電話につながってこそお金になるのです。ですから自分は働く気が満々なのに全く占いを利用するお客さんがいないので、電話がかかってこず、宛にしていたお給料が入ってこないということもよくあることです。

募集要項に記載されていることは注意が必要

募集要項には「毎日仕事があります」「斡旋しますので待機時間はありません」などと記載されていることも多いのですが、本当にそんな店ばかりではないのです。お店によっては募集要項に記載されていたことはただ応募してくる人を釣るためだけのことで、本当はかなり長時間待ち時間があったり、店にお客さんが来ない日もあったりするのです。

無料で占いができるサービスを設けているところは

無料で占いができるサービスを設けているところもありますが、そういったところは実際無料で提供している時間帯は、占い師にもお金を支払っていないところもあります。そして10分だけ無料としているところもあるのですが、最初の10分無料でその後お金が発生する直前になって切られてしまってお金がもらえないこともありますので注意しましょう。

関連する記事

アーカイブ