占い師の募集を探すうえでチェックしたい項目

電話占い師の求人は多く存在します。どんな項目をチェックして応募しなければいけないのでしょうか? - 占い師に相談をしてくる人の相談内容は複雑です

占い師に相談をしてくる人の相談内容は複雑です

占い師になりたいと思って応募条件を見ている人は、相談に乗るだけと記載されている文面に釣られて応募してしまうことがあります。しかし実際の占い師の仕事はただ相談に乗る、話を聞くだけではありません。的確な指導やアドバイスが必要です。

相談してくる人は切羽詰っている人もいる

相談してくる人に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。恋愛に悩んでいる人、人間関係に悩んでいる人が来るのではないかと想像している人も多いでしょう。もちろん恋愛に悩んでいる可愛い悩みを抱えている人、人間関係に悩んでいる人も多いでしょう。しかしそれは単純に話を聞いてあげれば解決することだけではないのです。場合によっては自殺にまで気持ちが追い込まれているような人もいます。自殺してしまいたいと切羽詰って電話をかけてくる人もいるのです。切羽詰って電話をかけてくる人に対してどのように対応すればいいのか心得ていますか?ただ悩み事を聞いて時間が経つのを待っているだけの楽なバイトだと思っている人は、実際はそんなことはありませんので、切羽詰って命もかかっているような電話をかけてくる人もいるということを理解しておいたほうがいいでしょう。

初対面で顔の見えない相手からの難しい問題

電話占いの場合は顔が見えません。顔の見えない相手であり、しかも初対面ということが多いでしょう。その相手が何に悩んでいて、どのようなことをアドバイスすればいいのかわからない中でも電話を切るまでに何らかの対策を伝えてあげるとか、何か伝えることが必要なのです。ただ話を聞いてあげるという仕事ではないということをよく理解したほうがいいでしょう。そして場合によっては理不尽なことを言われたり、クレームをつけられることもあるのです。

関連する記事

アーカイブ